スポンサーリンク

アナと雪の女王

スケジュールの都合もあって2D吹き替え版を観てきました。
席は8割がた埋まってたかな。



ディズニー系の吹き替えのキャスティングはピッタリで驚く。
どこぞの女スパイとかイカエイリアン産んじゃう博士にも是非見習ってほしい。
あれだけバンバン宣伝して刷り込まれた歌も、改めて映画館で鑑賞すると一味違う。

松たか子すげー。

そして神田沙也加。
吹き替えのキャストを見た時は微妙な気もしたけど、いや、なかなかどうして。
むしろ「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」よりも「生まれてはじめて」のほうが印象に残った。
(吹き替え版を観たので曲名は邦題で)

最初は字幕で観たかったが、映像と音楽に集中できる吹き替えで正解だったかもしれない。

ただ残念なのは、ミュージカルのように進むのは中盤までで、後半、特に大団円のラストは歌もなくアッサリ……。
ミュージカル映画として最後まで『ミュージカル』をつらぬいてほしかった。

映像はさすがディズニー。
どの場面もキレイで2Dでも充分に楽しめた。
むしろ画面が暗くなる3Dよりも2Dのほうが映像美を楽しめるのか?

キャラクター造形も、好みは分かれるだろうが自分的には本当によかった。
最近のディズニーキャラクターはあまり好きではなかったけど、今回はどのキャラクターにも拒否反応は出なかった。

アナかわいいよアナ(*´Д`)

オラフの愛嬌たっぷりのキャラクターは必見。
この物語の中で一番純粋で一番真実に近かったのはオラフなんじゃないかと。

そして肝心のストーリーは……、ふつう?
(原案の「雪の女王」が云々、聖闘士星矢のパクリ云々は、どちらも知らないのでノーコメントで。)

ディズニーらしくハッピーエンドで終わるけど、ところどころ疑問が残るような。
あえて表現するなら「スイーツ(笑)」的なアナの行動で、結果国を滅ぼしかけるのはどうなのかと。
伏線かと思ったら伏線じゃなかったり。
クリストフの幼少期の場面はもっと重要な意味があるのかと思ってた。
レビューを読むと、やっぱりストーリーに不満がある人は多いみたいで……。

それでも映像と歌を楽しむために映画館に足を運ぶ価値は充分にあった。
連日流れる音楽も、映画館のスクリーンと音響で味わえばまったくの別物。
テレビで観るだけじゃもったいない。


そして最後に、モノクロミッキーに敵うものは無い。

アナと雪の女王 - Wikipediaより~
監督  クリス・バック
     ジェニファー・リー
脚本  ジェニファー・リー
     シェーン・モリス
原案  ハンス・クリスチャン・アンデルセン
     『雪の女王』
製作  ピーター・デル・ヴェッチョ
     ジョン・ラセター

出演者
アナ    クリスティン・ベル/神田沙也加
エルサ  イディナ・メンゼル/松たか子
クリストフ ジョナサン・グロフ/原慎一郎
オラフ   ジョシュ・ギャッド/ピエール瀧



関連記事

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

ゆうじろう

Author:ゆうじろう
年齢:20代後半
趣味:映画、ガンプラ、ゲーム

好きな映画:ディープ・インパクト

映画鑑賞予定:
7/25 GODZILLA
8/8 トランスフォーマー ロストエイジ
8/29 LUCY
9/13 ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー
10/11 ジュピター
11/1 エクスペンダブルズ3

2015年
4/25 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
12/28 スター・ウォーズ エピソード7
テッド2


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード